香典返し・法事お返しギフト販売店

香典返し屋 お支払い方法
ホームはじめての方へ送料・配送商品の返品・交換お支払方法FAX・メール注文お問合せ
仏事6大特典サービス 挨拶状・お礼状 包装紙 かけ紙(のし)
喪中はがき 送り先入力サービス 香典帳整理・作成

香典返しのお品 特集コーナー


注目香典返しギフト!おすすめカテゴリ

今月のピックアップ香典返し

 

香典返しについて

香典返しの目安は、従来のしきたりでは「半返し」といって、一般的には香典をいただいた額の半分相当を目安としてお返しをされる方が多いようです。

いただいた金額に応じて準備するのも大変なので、3段階くらいに分けて品物を用意すると便利です。

香典返し画像

当日返しをされた場合

葬儀当日に当日返し(当日返礼品)をする場合もあるようです。この当日返しの場合は5,000円〜2,000円くらいの品物が多いようですが、当日2,500円の商品をお返ししていた場合、いただいたお香典が5,000円であれば、当日返しで「半返し」となりますので、その後のお返しは不要となります。

いただいたお香典が10,000円の場合は、半返し5,000円となりますので当日返し分2,500円を差し引くと残りが2,500円です。その分は忌明け後にお返しをしましょう。

必ず忌明けの挨拶状を添えて

香典返しをするときは、お世話になったことのお礼と四十九日法要・納骨が済んだこと、戒名の報告などの意味をこめて商品に挨拶状を添付します。しかし、自宅の近所で直接渡す場合には挨拶状は必要ありません。

忌明けの挨拶状は、和紙(巻紙奉書紙)に薄墨の筆文字で手書きまたは印刷をし、奉書封筒に入れます。薄墨は涙で墨がにじんでいるように見えるため、葬儀では薄黒が一般的です。また、不祝儀に用いる封筒は、不幸が重ならないようにとの意味合いから、二重封筒は使いません。

ギフト売れ筋ランキング
まかせて安心ギフトサービス
香典返し6大特典サービス
挨拶状・お礼状 包装紙 かけ紙(のし) 喪中はがき 送り先入力サービス 香典帳整理・作成